立憲、3党協力と一線=民進、希望と幹部が公開討論

 立憲民主、民進、希望の3党幹部が13日午後、名古屋市内で野党共闘に関する公開討論会に臨んだ。統一会派結成に向けた協議を進める民進、希望が3党の連携に前向きな意向を示したのに対し、立憲は一線を画す姿勢を示した。

 民進党の大塚耕平代表は「3党の違いを強調するのはなんの意味もない」と力説。「また(同党から分かれた)仲間が結集できることを目指す」との決意を示した。希望の古川元久幹事長も「法律を通すには、議会の中で多数を形成していかなければいけない」と語った。

 これに対し、立憲の近藤昭一副代表は「立憲民主として訴える在り方をはっきり見せていく」と強調。「相手は安倍政権だから、小異は残しつつ大きなところで協力していく」と述べ、連携には一定の制約があるとの認識を示した。 

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索