12日の衆院予算委員会で、国民民主党の後藤祐一氏が黒川弘務東京高検検事長の肩書を誤って「東京地検検事長」とパネルに記載し、与党議員から「ひどい資料」などの声が上がる場面があった。

 野党は検事長の定年延長が異例のため、検察幹部人事への首相官邸の介入ではないかと追及を強めている。

 後藤氏は定年延長が検事総長就任をにらんだものではないかとただすためパネルを作成。そんな中でのミスに与党席からはやじが出たが、棚橋泰文委員長(自民)は「野党の議員も間違いはある。与党もおおらかに」とたしなめた。