自民、公明両党幹部は14日、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業に絡む汚職事件で起訴された衆院議員秋元司被告(自民党離党)をめぐり、主要野党が求める証人喚問に慎重な姿勢を示した。

 自民党の世耕弘成参院幹事長は記者会見で、「証人喚問は裁判などに影響を与えることは証言しなくてもいいとなっている。そういうことも踏まえ、考えなければいけない」と指摘。同党の森山裕国対委員長は鹿児島県霧島市で記者団に対し、「公判が始まるので、立法府の立場としては見守っていくことが一つの考え方だ」と述べた。

 公明党の山口那津男代表も記者団に対し、「司法の判断に影響を与えない配慮が必要だ」と語った。同党幹部は「弁明の場は、まずは政治倫理審査会だ」と主張した。

 一方、国民民主党の玉木雄一郎代表は記者団に「無罪を主張するのであれば国会の場に出て説明責任を果たしてほしい」と強調。共産党の田村智子政策委員長も記者会見で「うそが許されない状態で語るべきだ」と述べた。