安倍晋三首相は14日、北朝鮮による拉致被害者家族らと首相官邸で面会した。有本恵子さんの母、嘉代子さんが亡くなったことに触れ、「私が父・晋太郎の秘書を務めていた時からの付き合いで共に戦ってきた。既にご家族の多くが鬼籍に入られ、一日も早く問題を解決しなければならないとの思いを新たにした」と述べ、解決に全力を尽くす決意を強調した。恵子さんの父、明弘さんらが訪れた。

 拉致被害者家族連絡会(家族会)の飯塚繁雄代表は「ぶれることなく、チャンスを絶対に逃さず、北朝鮮から全員帰ってくるよう対応してほしい」と要請。全ての拉致被害者の即時一括帰国を求める運動方針も手渡した。