2020年度予算案は27日午後、参院本会議で採決され、自民、公明両党の賛成多数で可決、成立する。予算案は昨年10月の消費税率引き上げに対する経済対策を柱とし、一般会計総額は過去最大の102兆6580億円。安倍晋三首相は予算案成立を受け、新型コロナウイルス感染拡大に伴う追加経済対策の裏付けとなる20年度補正予算案の編成を指示する。

 参院予算委員会は本会議に先立つ同日午前、首相と全閣僚が出席し、20年度予算案に関する締めくくり質疑を実施。予算案は質疑後に採決され、可決された。