公明党の石田祝稔政調会長は30日、安倍晋三首相と首相官邸で会い、政府が7月に取りまとめる経済財政運営の基本指針「骨太の方針」に関する党提言を手渡した。提言は、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、行政や医療、教育分野でのデジタル化推進が柱。首相は「ポストコロナの新たな未来像を見据えながらビジョンを描いていきたい」と応じた。