自民党の鈴木俊一総務会長は30日の記者会見で、河井克行前法相夫妻の公職選挙法違反事件に関し、「何らかの形で党員の抱いている疑問、不満に答えないといけない」と述べ、党が説明責任を果たす必要があるとの認識を示した。