日銀は30日、金融機関への立ち入りを現在やめている考査に代わり、インターネットや電話会議システムを利用したリモート(遠隔)型の調査を行うと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大防止を図りつつ、経営状況の把握に努める。立ち入りを伴う通常の考査は引き続き見送る。