最後まで粘れず=W杯複合

 加藤、山元組は力尽きて12位に終わった。振るわない結果だったが、加藤は序盤にトップを走る場面もあり、3周目までは先頭集団の中で粘りを発揮。「余裕を持ってついて行けたのはよかった」と収穫も口にした。

 ただ、山元の4周目で集団から脱落して順位を大きく落とし、最もきつくなる後半で勝負ができない弱さも出た。加藤は「最後まで(トップ集団について)行けていたら面白かったかな」と悔しそうな表情だった。 

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる

スポーツの主要なニュース

スポーツのニュース一覧へ

06時00分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索