瀬戸が400個メ優勝=競泳ジャパン・オープン

 競泳のジャパン・オープン第2日は20日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子400メートル個人メドレーは世界選手権2連覇中の瀬戸大也(ANA)が4分10秒18で制した。リオデジャネイロ五輪金メダルの萩野公介(ブリヂストン)は3位。同100メートル自由形は塩浦慎理(イトマン東進)が優勝。同50メートル平泳ぎは世界記録保持者のアダム・ピーティ(英国)が26秒94で勝ち、小関也朱篤(ミキハウス)は2位だった。

 女子400メートル個人メドレーは日本記録を持つ大橋悠依(東洋大)が4分36秒48で優勝。16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は同100メートル自由形と50メートルバタフライで勝ち、19日の200メートル自由形と合わせて今大会3冠とした。 

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

16時08分更新

社会のニュースをもっと見る

13時55分更新

経済のニュースをもっと見る

14時27分更新

政治のニュースをもっと見る

13時30分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

15時24分更新

エンタメのニュースをもっと見る

15時26分更新

スポーツのニュースをもっと見る

16時04分更新

トレンドのニュースをもっと見る

10時39分更新

仕事術のニュースをもっと見る

16時10分更新

生活術のニュースをもっと見る

07時14分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索