木村、100障害で予選突破=紫村、衛藤は敗退―世界陸上

 【ロンドン時事】陸上の世界選手権第8日は11日、ロンドンで行われ、女子100メートル障害予選で2組の木村文子(エディオン)が13秒15で4着に入り、夜の準決勝に進んだ。同種目での日本勢の準決勝進出は初めて。

 4組の紫村仁美(東邦銀行)は13秒29の6着で準決勝に進めなかった。

 男子走り高跳び予選の衛藤昂(AGF)は2メートル22にとどまり、決勝に進めなかった。 

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索