ボルトがアンカー=世界陸上、12日の400リレー予選―ジャマイカ紙

 【ロンドン時事】ジャマイカ紙グリーナーは、12日の男子400メートルリレー予選で同国がエースのウサイン・ボルトをアンカーで起用する方針だと11日報じた。100メートルで銅メダルだったボルトは、今大会後の引退を表明している。

 予選は12日午前10時55分(日本時間同日午後6時55分)から2組に分けて行い、リオデジャネイロ五輪金メダルのジャマイカと同銀メダルの日本は別の組。各組の上位3チームと、それ以外でタイム上位の2チームが12日午後9時50分(日本時間13日午前5時50分)開始の決勝に進む。

 グリーナーによると、100メートルと200メートルでボルトに次ぐ世界歴代2位の記録を持つヨハン・ブレークは決勝で起用される見込みだが、脚に痛みを抱え不安があるという。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索