岩隈、実戦投球先送りか=米大リーグ・マリナーズ

 【ニューヨーク時事】右肩の炎症で5月から故障者リストに入っているマリナーズの岩隈久志投手が11日、シアトルのブルペンで25球を投げた。大リーグ公式サイトによると、岩隈はフォームに不満を示すなど「あまり良くなかった」と述べ、週明けに行う予定だった実戦形式の投球練習の先送りも示唆した。

 岩隈は6月にマイナーで登板後、再び肩の違和感を訴えるなど調整が遅れていた。後半戦に入ってから軽い投球練習を再開した。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索