白鵬、復興土俵入り欠席へ

 大相撲の横綱白鵬は12日、岩手県釜石市で14日に行われる東日本大震災からの復興祈願土俵入りに参加しないことを明らかにした。夏巡業の長時間の移動により、名古屋場所前から痛めていた左膝に負担がかかったことが理由。7年連続開催となる復興土俵入りで、白鵬が休むのは初めて。今回は稀勢の里と日馬富士が務める。

 白鵬は12日に仙台市で開催された夏巡業の興行で稽古や取組には参加せず土俵入りだけ披露した。この日限りで巡業から離れる白鵬は「(巡業の)前半は3横綱が休み、自分1人だけだったから託されていた。後は託したい」と語った。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索