「過去にない成功」=サッカーW杯、地元組織委

 【モスクワ時事】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の地元組織委員会は14日、モスクワで記者会見を開き、ソロキン最高経営責任者(CEO)は「過去にない成功」と総括した。大会中に発信されたSNSも通じてロシアに対するイメージが変わったとし「ロシア人が親しみやすく、笑顔にあふれた国民だと認識された」と述べた。

 試合観戦に必要な身分証明書(ファンID)は180万人以上に発行され、約半数はロシア人。海外からは中国、米国、メキシコの順で多かった。11都市の12会場は今後、クラブチームの本拠地などで使用される予定。ソロキンCEOは将来的な女子W杯の開催に意欲を示した。 


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索