近江がサヨナラ勝ち=大阪桐蔭、高岡商も3回戦へ―全国高校野球第9日

 第100回全国高校野球選手権大会第9日は13日、甲子園球場で2回戦3試合が行われ、春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)、高岡商(富山)、近江(滋賀)が3回戦に勝ち進んだ。

 近江は4―3で前橋育英(群馬)にサヨナラ勝ち。有馬が中前に決勝打を放った。

 大阪桐蔭は初出場の沖学園(南福岡)を10―4で退けた。六回に4点を勝ち越し、終盤の2本塁打で突き放した。高岡商は山田が完投し、佐久長聖(長野)に5―4で競り勝った。 


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索