【ニューヨーク時事】米男子プロゴルフのPGAツアーは14日、競技の進行を遅らせるスロープレーに対する罰則を強化した新規則を、4月のRBCヘリテージから適用すると発表した。

 正当な理由なく1打に120秒以上かけた場合、同一大会中の2度目以降は1罰打が科せられ、シーズン2度目での罰金は、これまでの5000ドル(約55万円)から5万ドル(約550万円)に引き上げられる。

 また、ツアーはデータ集積システム「ショットリンク」で各選手のショットを計測し、特にプレーが遅い選手を監視リストに記載。リスト入りした選手は、全ショットの平均を60秒以内とするよう求められる。