西武は15日、埼玉県内で春季キャンプに向けたスタッフ会議を開き、14年ぶりに西武に復帰した松坂大輔投手を1軍主体のA班(宮崎県日南市)でスタートさせることを決めた。新人はドラフト1位の宮川哲(東芝)、同2位の浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ)両投手、同5位の柘植世那捕手(ホンダ鈴鹿)の3人がA班に入る。

 昨季打点王の中村剛也内野手は右ふくらはぎの張りのため、B班(高知市)でキャンプインする。