ヤクルトのドラフト1位、奥川恭伸投手(石川・星稜高)は16日、右肘の軽い炎症のため当面はノースローで練習することが決まり、「大事を取って。自分の弱いところに取り組める期間だとプラスに捉えている」と話した。痛みなどもないが、調整が遅れることから春季キャンプの1軍スタートは難しいとみられる。

 小川淳司ゼネラルマネジャーによると、昨年11月の精密検査で炎症が判明。今月15日の再検査でも確認され、「今は無理をする時期ではない。(投球再開は)1クールごとにチェックして判断したい」と説明した。

 奥川は同日、埼玉県戸田市での新人合同自主トレーニングで短距離走や守備練習に励み、投げる練習以外は全てこなした。「体幹強化や全身の可動域を広げたりしたい。力を出す上で大切なこと」と前向きに話した。