びわ湖毎日マラソン(3月8日、滋賀・皇子山陸上競技場発着)の招待選手が14日発表され、川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)、昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で4位だった大塚祥平(九電工)らが名を連ねた。大会は、東京五輪男子代表の最後の1枠を争う「MGCファイナルチャレンジ」の最終レースを兼ねて行われる。

 レースはスタート時間が前回までの午後0時半から、午前9時15分に変更となった。日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「びわ湖は暑くなることが多かったので、前から午前中にしてほしいと言っていた。9時なら暑くなる前に終わるのでいいと思う」と話した。