橋本聖子五輪担当相は24日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪の延期を検討することに関して、選手が健康を保つことができ、十分な練習環境も整備された時期に開催するよう求めた。

 橋本五輪相は「感染したり、隔離状態に置かれたりしているアスリートが出ている。健康と万全の準備ができる環境を整備して初めて(大会に)臨める」と強調。「アスリートの声をしっかりIOCに聞き取っていただき、開催はいつがふさわしいのか決めていただきたい」と述べた。