米朝双方に「言行慎め」=中国

 【北京時事】中国外務省の耿爽・副報道局長は11日、米国と北朝鮮の緊張が高まっている状況を受け、「言行を慎むことを望む」と双方に冷静な対応を促す談話を発表した。

 談話は、最近の朝鮮半島情勢が「複雑で敏感」だと指摘。「緊張の緩和に役立ち、相互信頼を増進させることを行い、情勢をエスカレートさせてはならない」と訴えた。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学のニュースランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索