容疑者「ハナモリ」名乗る=金正男氏殺害、実行犯が供述

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、殺人罪で起訴された実行犯の女2人の公判が12日、クアラルンプール近郊の高等裁判所で開かれた。地元メディアによると、証人尋問では、両被告と共謀した容疑者4人が使っていた偽名を捜査関係者が明らかにし、「ハナモリ」という日本人のような名前も含まれていた。

 捜査関係者は明言していないが、4人は現場から逃亡した北朝鮮国籍の男とみられる。他の3人は▽ミスター・チャン▽ジェームズ▽ミスター・ワイとそれぞれ名乗っていた。ハナモリとされる容疑者は「アンクル(おじさん)」などとも呼ばれていた。いずれも両被告が供述したという。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索