米韓「6カ国」代表、17日に会談=北朝鮮との対話条件協議か

 【ソウル時事】韓国外務省は14日、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の韓国首席代表、李度勲平和交渉本部長と米首席代表のユン北朝鮮担当特別代表が17日、南部・済州島で開かれる国際会議出席に合わせて会談し、北朝鮮への対応を協議すると発表した。

 ユン氏は10月末の非公開会合で、「北朝鮮が核・ミサイル実験を60日間程度停止すれば、米国は直接対話に向けたシグナルと見なす」という考えを示したと報じられている。北朝鮮が9月15日以降、大掛かりな挑発行為を自制する中、北朝鮮との対話条件についても話し合うとみられる。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索