侮蔑の言葉「使ってない」=米大統領

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は12日、移民政策をめぐる11日の会合でハイチやアフリカ諸国を「便所のような国」と侮蔑したと伝えられたことについて、ツイッターへの投稿で「厳しい言葉は使ったが、そんな言葉ではない」と否定した。

 トランプ氏は「誰が見てもハイチは非常に貧しく問題を抱えた国だという以外、ハイチ人を侮蔑するようなことは言っていない」と主張。「(会合に出席した)民主党議員によるでっち上げだ。今後は会合(での発言)を録音すべきだろう」などと書き込んだ。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索