前米国務長官がトランプ氏批判?

指導者の倫理問題警告=前米国務長官、トランプ氏痛烈批判?

 【ワシントン時事】ティラーソン前米国務長官は16日、バージニア州立軍事大学の卒業式で講演し、「米国人が社会や指導者における倫理と品位の危機に立ち向かわなければ、米国の民主主義は終末期に突入する」と警告した。名指しは避けたものの、数々の疑惑に見舞われ、物議を醸す言動も収まらないトランプ大統領への痛烈な批判と受け止められている。

 米各メディアによると、ティラーソン氏は講演で「指導者が真実を隠そうとしたり、人々が事実に基づかない『もう一つの現実』を受け入れるようになったりしたら、米市民は自由放棄への道に入ってしまう」とも語った。トランプ政権では発足直後、当時のスパイサー大統領報道官による事実と異なる発言をコンウェー大統領顧問が「もう一つの事実」と強弁し、批判を浴びている。 

今日のニュースまとめ

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索