文大統領、米韓軍事演習中止を検討=対北朝鮮圧力「柔軟」に

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は14日、トランプ米大統領が北朝鮮との対話期間中、米韓合同軍事演習を中止すると表明したことについて「慎重に検討する」意向を示し、具体的な措置を米側と緊密に協議するよう関係部署に指示した。国家安全保障会議(NSC)での発言を大統領府が発表した。

 文氏は「北朝鮮が誠意ある非核化措置を実践し、敵対関係を解消するため、南北、米朝間で誠実な対話が持続するなら、北朝鮮への軍事的圧力には柔軟な変化が必要だ」と述べた。

 文氏は14日、訪韓したポンペオ米国務長官との会談で、「米朝首脳会談で合意した内容を迅速かつ完全に履行することが何よりも重要だ」という認識で一致しており、履行に向けた環境整備の一環として、演習中止を検討していくことにしたとみられる。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索