仏露大統領が「サッカー外交」へ

W杯決勝観戦、プーチン氏と会談へ=フランス大統領が「サッカー外交」

 【パリ時事】マクロン仏大統領は、15日に行われるサッカーのワールドカップ(W杯)決勝をモスクワで観戦し、プーチン・ロシア大統領と会談する。仏大統領府が11日、AFP通信などに明らかにした。決勝ではフランスとクロアチアが対戦するが、欧米とロシアが対立する中で「サッカー外交」が展開されそうだ。

 AFP通信によると、訪ロにはブリジット大統領夫人も同行する予定。決勝戦をプーチン大統領と一緒に観戦するという。

 マクロン氏はロシアのクリミア半島編入をめぐってはウクライナ側を支持したほか、今年4月にはロシアが後ろ盾のシリア・アサド政権による化学兵器使用疑惑を受けて米英とともにシリアへの軍事攻撃に踏み切った。元ロシア情報員暗殺未遂事件でもロシアを非難している。

 マクロン氏はそれでもプーチン氏と定期的に電話会談。5月下旬には訪ロし、プーチン氏に対してW杯仏代表が勝ち進めば、応援に行くと約束していた。 


今日のニュースまとめ

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索