【カイロ時事】アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを本拠とするエミレーツ航空は22日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、全ての旅客便の運航を25日までに停止すると発表した。再開時期は未定。

 同社は「各国が国境を再び開くまで、旅客運送業務を続けられなくなった」と指摘。堅調な貨物便の運航は続ける。

 エミレーツは大型機材や最新鋭機の導入を積極的に進める航空会社として知られ、世界各地に幅広く就航している。日本も成田や羽田、関空とドバイを結ぶ定期便が運航されている。