【北京時事】中国の習近平国家主席は26日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて開かれた20カ国・地域(G20)首脳によるテレビ会議で発言し、「国際社会に最も必要なことは強固な信念と団結して対応することだ。力を合わせて感染症との闘いに打ち勝とう」と呼び掛けた。国営新華社通信が伝えた。中国の初動の遅れなどに批判を強める米国を念頭に団結を促した形だ。

 習氏は「ウイルスに国境はない。共通の敵だ」として、感染拡大防止策の共有や治療薬・ワクチンの共同開発を提案。中国がマスクなどの供給力を拡大することや、規制緩和や輸入拡大などにより世界経済の安定に貢献することを約束した。各国にも、経済の減速を防ぐため、関税の減免などで共同歩調を取るよう求めた。