中国の孔鉉佑駐日大使は27日、東京都千代田区の日本記者クラブで会見し、新型コロナウイルスの感染拡大への対応で習近平国家主席の訪日が延期されたものの「今の困難は一時的なもので、中日関係の上向き基調には変わりがない」と強調した。その上で、習主席と安倍晋三首相の電話会談を調整中で、「そんなに遠くない将来に実現されるだろう」と述べた。

 孔氏は、中国での感染拡大について日本の官民による対中支援に謝意を表明。現在の状況を踏まえ、中国政府による対日支援を検討していることを明らかにした。日本で品薄が続くマスクに関し「中国メーカーが早期に生産能力を回復させ、日本に輸出するよう調整を急いでいる」と語った。