【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は29日の記者会見で、新型コロナウイルスの起源などを検証するため、来週、中国に調査団を派遣すると表明した。新型コロナをめぐっては、米トランプ政権が中国・武漢の研究所から流出したとの疑いを持っている一方、中国は「起源は不明だ」と反発。各国も米国の説を疑問視している。

 テドロス氏は「調査が起源の理解につながることを望む」と述べた。ただ、調査団の構成や詳細な派遣先は明らかにしなかった。