【北京時事】中国政府は30日、食品卸売市場で新型コロナウイルスの集団感染が発生した北京市で前日に7人の新規感染者が確認されたと発表した。北京の11日以降の感染者は325人になった。北京以外では上海市で1人。このほか、海外からの入国者11人の感染が判明した。

 北京の集団感染に当局は神経をとがらせており、国営新華社通信によると、約2100人の住民が市場で働く河北省安新県で移動規制が実施された。27日から各世帯で1日に1回、1人が生活必需品の買い物をする以外の外出が禁止されている。