【台北時事】中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会が30日、香港への統制を強化する「香港国家安全維持法案」を全会一致で可決したことを受け、台湾行政院(内閣)報道官は同日、「香港社会の自由と人権、安定的な発展に重大な影響を及ぼす」として、中国に対する「厳重な非難」を表明した。その上で「台湾政府は、自由民主を追求する香港人を支持する」と重ねて強調した。