桃の地ビールお披露目=静岡市

桃の地ビールお披露目=静岡市

 早だし桃として知られる静岡県の「長田の桃」を使用した地ビール「桃セゾン」が静岡市内で発表された。クラフトビール製造会社のアオイブリューイング(同市)が、出荷できない桃を農家から買い取り、500リットルを限定醸造。白ワインとアプリコットのような香りのホップを2種類使用し、製造工程で桃の果汁が入っている。社長の満藤直樹さんによると、「暑い夏にぴったりのドライな飲み口で、桃のほのかな香り」。
 このビールは、県と静岡商工会議所が行う農商工の交流会がきっかけで産まれた。県中部農林事務所の曽根克巳課長は「目立ったものができたので、静岡県のPRになれば」と話している。
 取り扱いは、静岡市内のスーパーや酒屋。県外では、びあマ(東京都足立区)、クラフトビールカフェアンドバーシンクロニシティー(横浜市)の2店舗で飲むことができる。【もぎたて便】
[時事通信社]

おすすめ情報

時事通信の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

静岡のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索