これから賃貸住宅は「タダ」で住めるようになる!?そのワケは?

もはやアパートはタダ!?アパートから始まるバブル崩壊の足音

いま、アパート建設が増えています。今年発表された新設住宅着工戸数の統計によれば、日本の新築住宅は2年連続で増え、もうすぐ100万戸に届こうとしています。その中で特に「貸家」の着工戸数が増えています。新築の住宅のうち、なんと4割はアパート、マンションなどの貸家の建設、それは前年比10.5%の大幅増加なのです。

そして一方、空き家が増えて社会問題となっていることはよく知られるようになりました。今後も人口減少とともにどんどん空き家が増え、15年後の平成45年にはなんど空き家の数が現在の2倍超、2000万戸を超えるという予測もあります。

それに伴う空室率の増加も大家さんにとっては深刻な問題です。ためしに、夜、帰りの電車の窓から見える賃貸アパート・マンションの明かりがどれだけ灯っているか見てみるのもよいでしょう。いま、首都圏では駅からちょっと離れれば空室率30%、40%のアパート・マンションがゴロゴロ、もう当たり前になりつつあります。

空き家が増え、空室率も高水準なのに、先を争うように賃貸アパート・マンションを建設している…何かがおかしいと感じませんか?そう、いま、何かがおかしいのです。不動産市場には何かのひずみが生まれ、それが静かに貯まり、何かを求めてうごめいているのです。

金融庁も、日本銀行も、それぞれ発行しているレポートでこの状況に警笛を鳴らしています。それは、いつか「バブル崩壊」という形で現れるかもしれません。バブルなんてもうテレビでしか見たことのない昭和の華やかなりしきらびやかな時代、もう30年も前に起きたことというイメージですが、それがこの数年内にまた起きるかもしれないのです。

海外では金融の引き締め方向に舵を切っている一方、日本はまだまだ金融を緩和して、お金をどんどん市中に流通させています。統計を見てもバブル期よりも「カネ余り」、この余ったカネの一部が、アパート建設に使われています。知らない間にお膳立ては整っているようにも見えます。

バブル後にはタダで家に住める魔法の「フリーレント」

仮に、何かのきっかけでパーンとバブルが弾けたとしましょう。大家さんは借金を返済するために、なんとか賃借人を探そうとするでしょう。しかし、その頃には世の中にアパート・マンション物件が有り余っています。空室率も今以上になることは間違いありません。

賃料も下がりますが、それだけではありません。借りてくれる人を募集する決定打として大家さんが用意する非常手段が「フリーレント」です。

「フリーレント」とは、その名の通り入居時に「タダで」借りることができる条件です。通常は入居時から期間を設けてその間だけタダになるわけですが、これを利用するのです。「タダ」で借りて、「タダ」の期間が過ぎれば、退去して別の物件をまた「タダで」借りれば、ずっと「タダで」借りることができるのです。

不景気の時にオフィス物件でよく使われた手法ですが、これが今、ひそかにアパート・マンション物件でも使われるようになりました。現在は1か月だけフリーレントとなる物件が見られる程度ですが、これから空室が増えれば、3か月、半年、1年とフリーレント期間が長くなること間違いありません。

スマホとコンビニさえあれば生活ができる時代、モノを持たず、シンプルな暮らしが好まれています。引っ越しの荷物がほとんどない人に、「フリーレント物件」はいかがでしょうか?

(中山 聡/一級建築士・不動産鑑定士)

関連記事

おすすめ情報

JIJICOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

仕事術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索