新型コロナウイルスの影響で、全国の小中高校が、3月から数カ月にわたり臨時休校し、外出自粛により、子どもたちも外に出ない時間が増えました。報道によると、学校再開後に「鬼ごっこ中に転んで骨折」「登下校するだけで疲れる」などのケースが各地で報告され、子どもたちの運動不足や体力の低下が心配されています。

コロナ以前から、子どもが体を使う機会が減っており、骨や関節などが衰え、基本的な動作ができなくなる「ロコモティブシンドローム」のような状態を指す「子どもロコモ」が問題視されていました。「子どもロコモ」になる要因とは。体力低下を改善する方法はあるのでしょうか。幼児から中高生まで、子どもの運動指導を行うトレーナーの芝原佳子さんに聞きました。

運動器機能は使わないと発達しない。小学校低学年くらいまでは外で全身を使って遊び、いろいろな動作を体験することが大切。親子で体を動かすことを楽しむと、子どもの運動意欲は高まる

Q:数カ月にわたった臨時休校は、子どもの身体にどのような影響を及ぼしましたか? -------- 自粛生活により、さまざまな影響があったと考えられます。一つは、日光に当たる時間の減少です。適度に日光に当たることで作られるビタミンDは、骨を丈夫にするカルシウムの吸収をよくする働きもあります。医師から、太ももの疲労骨折で来院する子どもが増えたと聞きました。近年、栄養の偏りなどから子どもの骨は弱くなっています。日光に当たらなかったため、さらに骨が弱くなり、骨折などのケガにつながったのでしょう。

また、体を動かす機会が減ったことで、「疲れやすい」「体が硬くなる」といった不調が出やすくなります。学校に行っているときの規則正しい生活が、休校により不規則になり、自律神経が乱れたとも予想されます。実際、学校再開後に「学校に行きたくない」と言う子どももいたようです。

Q:自粛明けの運動で、体を痛めたという子どもも多いようです。なぜですか? -------- 体を痛めた子どもがいる一方で、運動クラブなどに入っていた子どもの中には、休校期間があったことで、「ケガが治った」「痛みがなくなった」というケースも多く聞かれています。子どもの体を休めることの大切さもまずは理解しておきましょう。

ただ休みすぎると、運動クラブなどでハードに運動をしていた子どもは、運動しない期間中に筋力低下が起こります。運動を再開する際は、体への負荷を徐々に上げていくことが望ましいのですが、単に運動時間を短くするだけで済むものではないので、運動負荷を少しずつ上げるということを意識してほしいと思います。 

例えば、ケガをしたときのいわゆる「リハビリ」は、日常生活の動作を回復させるためのものです。運動をするためには、運動器機能を回復させる「アスリートリハビリテーション」が必要ですが、一般的にはあまり知られていません。同様に、運動不足で筋力などが低下したまま、急にこれまでどおりの運動を行ったことで、体に大きな負担がかかり、ケガなどが増えたと考えられます。

Q:コロナ以前から、体を動かす基本動作ができない状態を指す「子どもロコモ」が問題視されていました。「子どもロコモ」とは、どのような状態でしょうか? -------- 子どもの運動器の働きが低下している状態です。具体的には、「しゃがみこむ」「5秒以上の片足立ち」などの動作ができません。また、「腕立て伏せで手をつくと手首が痛い」「鉄棒にぶら下がると腕が痛い」など、それほどハードと思えないような動きでも体の痛みを訴える、「走るときも猫背」など、いつも丸まった姿勢でいる、などの子どもが目立っています。

栄養過多・運動不足で太っている子どもだけでなく、低栄養・痩せ過ぎの子どもも問題です。多くのものを食べていても、栄養の偏りで栄養不足となっている子どもも多いと聞きます。「メタボリックシンドローム(メタボ)」に対する誤解もあり、骨量を蓄えなければならない小学生高学年でも、「痩せることは良いこと」と、ダイエットを気にするようになっています。

このような状況下で危惧されるのは、生活習慣が改善されないまま大人になり、内臓疾患であるメタボや、運動器疾患である骨粗しょう症など、ロコモの予備群を増やしてしまうことです。

Q:運動不足や体力低下は、子どもの発育にどんな影響がありますか? -------- 年齢に応じた運動は、運動機能の発達だけでなく、骨や内臓器官、心肺機能などの発達にも関係してきています。特に、小学生の8歳〜10歳ごろは神経回路が急激に発達し、大人と同様になります。この時期に、全身を使ったいろいろな動きを経験していないと、その動きを体は知らないままです。基本的に、使われない運動機能は開発されません。また、運動と脳には密接な関係があるとも言われており、小さいときに体を動かすことは、脳の発達にも影響する可能性があります。

生活が便利になるにつれ、日常での動作も変わってきています。例えば、和式トイレが少なくなり、ほとんどの子どもは、しゃがみこむ必要がなくなっているため、やらない動作はできなくて当たり前とも言えます。

また、上り棒やうんていなど、何らかの危険性が報告された遊具が、公園から次々撤去されています。正しい使い方を教わり、危険性を知った上で、スリルを感じながら上手に体をつかいこなす体験が十分にできていないことも、子どもの運動器機能を低下させる要因の一つとなっていると考えられます。

Q:子どもの運動器機能や体力の低下を少しでも改善するために、親子でできることはありますか? -------- 子どもが全身を使って思い切り遊べる場をつくることです。公園でボール遊びをしたり、すべり台ですべったり、外に出る機会をできるだけ増やしましょう。特に、4歳〜5歳くらいまでは、親の「遊び心」が子どもの運動量に関係してきます。保護者が楽しみながら体を動かす姿を見ると、子どもは「自分もやってみたい」と思います。公園で「一人で遊んでおいで」と言うのではなく、「一緒にやろう」など、子どもの運動意欲を高める声かけをすることがポイントです。

とはいえ、保護者世代もスポーツに親しんでいる人ばかりではなく、「スポーツをしよう」「運動しなきゃ」という言葉に、ハードルを感じる人も少なくないでしょう。

ダイエットがきっかけでも、ちょっとしたハイキングでも、まずは親自身が「体を動かすことは気持ちが良い」と実感できる体験を見つけましょう。その体験を親子で一緒に楽しむことが、子どもの運動不足を解消し、体力低下を防ぐことにつながります。

(芝原 佳子/トレーナー・運動指導)