誘拐された英国人モデルが恐怖の体験語る「闇サイトで売られそうになった」

image

クロエ・アイリーンのInstagram(@chloeayling)より

先月、ミラノで突如姿を消した英国人モデル、クロエ・アイリーン(20)が、このほど無事保護されていたことがわかった。本人が恐ろしい体験の一部始終をThe Sun紙に語った。

ロンドン在住のアイリーンは7月10日、撮影のためミラノへ赴いた。エージェント経由で得た仕事だったが、これがそもそもフェイクだった。翌日、彼女は2人組の男に襲われてしまう。

「黒い手袋をした人が背後から口を塞ぎ、目出し帽をかぶったもう1人が私の腕に何かを注射したんです。意識を失っていたんでしょうね。目が覚めたときにはピンクのアンダーシャツと靴下だけを着けている状態でした。手首と足首は拘束されていて、口にはテープが貼ってありました。その状態でキャリーバッグに詰め込まれて、車のトランクに入れられていたんです」

トリノにあるアジトに到着すると、彼女はチェストに鎖で繋がれ、床には寝袋が置かれた。ここで犯人の1人が思わぬことを告げる。アイリーンは人違いで連れて来られ、このことでボスが憤激しているというのだ。

彼女のInstagramに上がっている写真は、下着姿やヌードのセクシーなショットがほとんどだが、時おり赤ちゃんが登場する。アイリーンは1歳の男の子の母親なのだ。彼女を誘拐した男たちは、若い女性をさらい、闇サイトのオークションで売り払う人身売買組織の一味だった。

「組織のボスは私のInstagramを見て、小さな男の子の母親であることを知ったんです。これは組織のルールに明らかに反していたので、私は標的から外れていたんだそうです。でも、私が意識を失っている間に実行犯が私の写真を闇サイトに載せてしまって、一部のユーザーが入札の意志を示したため今さら計画を止められなかった、と説明されました」

オークションへの“出品”は免れたが、犯人は彼女のエージェントにビットコインで27万ポンドの身代金を要求。これは、オークションで売却した場合の目安の金額だった。6日間監禁されたが、結局、ボスによる制裁を恐れた実行犯の1人が彼女をイギリス領事館に連れて行き、彼女は保護された。男は駆けつけた警察官により、その場で逮捕されたという。

当局によると、彼女を誘拐したのは「The Black Death(黒死病)」と呼ばれる組織で、その発祥は1994年頃にさかのぼるという。暗殺や爆弾・武器の取引に始まり、現在は人身売買や傭兵派遣にまで手を広げている。

今回、実行犯の1人が逮捕されたことでアイリーンが監禁されていたアジトの場所がわかった。当局はここから組織の中枢に繋がる情報を得ようと懸命の捜査を続けている。

関連記事

女性自身の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索