狙いは「丸顔」!“占いの母”語る「年末ジャンボ」売り場

image

いよいよ11月27日から、1等・前後賞合わせて10億円の年末ジャンボが発売される。そこで今回は、人気の占い師に今もっとも“当たり”が出そうな売り場を選んでもらうことに。「原宿の母」菅野鈴子さんは、40年前、東京・原宿の路上で占いを始め、行列ができることで有名に。タレントの島田秀平さんも弟子の1人だ。

菅野さんが「今年いちばん、運気がきている」と案内してくれたのは、東京都「浅草第一屋ビル宝くじセンター」。'15年サマー1等7億円をはじめ、億を連発している下町の人気売り場。

菅野さんの売り場選びのポイントは、(1)店名や番地に1がつく、(2)「赤」が目立つ、(3)丸顔の販売員がいること。確かにここは売り場名に「1」。所在地の番地にも「1」が3つ入っている。

「1等を当てたいという強い念と店名などの『1』が共鳴し、1等を呼ぶ。これを占いの世界では数霊といいます」(菅野さん)

次に、菅野さんが今年のラッキーカラーとしている「赤」。この売り場でひときわ目を引くのが、『16億円出ました』という赤地のポスターだ。

「売り場全体が赤でなくても、ひさしやシャッター、ポスター類など、ワンポイントでも赤が使われていれば、運気はぐんと上がります」(菅野さん)

人相学の得意な菅野さんが、訪問するなり「この人!」と抱きついたのが、販売員歴25年の園部綾子さんだ。

「金運をもたらす人相は、頬がふっくらとして、小鼻が張って肉厚。アンパンマンのような人が理想です。さらに鼻やオデコがつやつやしていたら最高。もし売り場でそんな人に出会ったら、幸運の女神と思ってください」

園部さんが売ったくじからは、これまでに少なくとも3人の億万長者が出ているという。まさに幸運の女神なのだ。

続いて、東京都「亀戸駅前北口売場」へ。地名にちなんで、巨大な亀の子たわしの縁起物が店頭にあることで有名だ。昨年、オータム1等5億円が出た実績もある。

「ここも番地に1が。しかも赤地の看板が目立つの」と、菅野さん。母親の代から売り場を守る販売員の加藤美奈子さんに抱きつき、「この人も本当にアンパンマンみたいでしょ? 福を運ぶのにぴったりの人相よ」と語る。

「丸顔って、女性としては褒められているのか複雑ですけど、確かに『加藤さんから買って当たったから、また来た』という人は大勢います(笑)」(販売員の加藤さん)

次は、滋賀県「フォレオ大津一里山チャンスセンター」。'15年に年末10億円が出た。売り場名、所在番地に1が並んでいる。

「年配の男性が、'15年年末に1等のみ7億円を当てたんです。その応対をした販売員は、まさに丸顔の女性でした」(萩原正忠店長)

これを参考に、ぜひ10億円にチャレンジしてほしい!

関連記事

女性自身の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索