『ドクターX』内山聖子P“最悪”だった米倉涼子との初対面

『ドクターX』内山聖子P“最悪”だった米倉涼子との初対面

「今シリーズは経営難に陥った『東帝大学病院』にリストラやコストカットの波が押し寄せるなか、『医療と病院は誰のためにあるのか』をテーマに、大門未知子の孤高な闘いを描いています」

そう語るのは、テレビ朝日でエグゼクティブプロデューサーを務める内山聖子さん(54)。「私、失敗しないので」をきめぜりふに、困難な手術や治療を次々と成し遂げる外科医・大門未知子の活躍を描く医療ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(木曜21時)の第6シリーズが、10月17日からスタートした。

内山さんが手がけ、’12年にスタートした本作は、第1シリーズで平均視聴率19.1%を記録。さらに、’13〜’17年に放送された第2シリーズ以降の作品は、いずれも平均視聴率20%超えを獲得。橋田賞、向田邦子賞などドラマの各賞も総ナメにし、国民的人気シリーズへと成長。大門未知子は、いまや米倉涼子(44)の“代名詞”ともいえるキャラクターに。

内山さんと米倉との出会いは、’04年に放送された『黒革の手帖』までさかのぼる。第一印象は“最悪だった”と笑う。

「主演をお願いしようと挨拶に向かったところ、米倉さんは10歳年上の私に、『私、女性のスタッフ苦手なんですよね』と。後から聞くと本人はたまたま体調が悪かったそうですが、当時は目も合わせることなくそう言われたので、カチンときて(笑)。でも、正直にものを言う姿勢、そしてノーメークなのに美しい彼女の顔を見て、“間違いなく面白い悪女になる”と確信。予想どおり、コケティッシュでありながら、すっとんきょうな一面を持ち合わせた悪女を演じてくれました」

その後も内山さんは米倉とコンビを組み、『交渉人〜THE NEGOTIATOR〜』(’08年)、『ナサケの女〜国税局査察官〜』(’10年)といったヒット作を連発。『ドクターX』の構想は、その当時から内山さんの中で温められていたという。

「いわゆる“よき医者”のイメージどおり、目に見える努力や勉強をして患者に寄り添う姿は描きたくなかった。米倉さんが持つ“野生の魅力”を生かした、医学の修業をどこでしたかもわからない医師がいい。大門未知子が特定の病院に所属しない、フリーランスの医師であるのもそこからきています」

そして誕生したのが、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、たたき上げのスキルだけを武器に突き進む外科医・大門未知子だった。

出会って15年、いまでは米倉と2人でお酒を飲んだり温泉に行ったりと、“相棒”であり“親戚”のような関係になれたと内山さん。

「彼女は、人に見えない努力を積み重ねているところが、未知子にぴったりと重なります。孤高の天才外科医・大門未知子は、米倉さん以外、誰にも演じられません」


関連記事

女性自身の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る