「子どもがうまれたばっかりなので、いいタイミングやったと思うしかないですね……」

そう悔しそうに切り出したお笑いコンビ・NON STYLEの石田明(40)。予定されていた舞台公演などが新型コロナウイルス感染防止のため中止を余儀なくされた。

「こういう事態で漫才をする機会がなくなったので、せめてネタを見ていただきたいなと思ってYouTubeにアップしています。相方の井上は『生配信やろうや!』って言ってますけど断ってますね。なるべくあいつとは会いたくないんで」(石田・以下同)

そんな嫌いな相方・井上裕介(40)のTwitterを今年ついにフォローしたという。

「ほんと断腸の思いです。こういう時期なのでリアルのやり取りで笑ってもらおうと思ってフォローしました。ただ、せっかく絡みにいってるのに全然ツッコまない! あいつ、ボケたがりなんですよね……。僕の人生において井上はシコリのような存在。最近だいぶ肥大化してきてるんで、そろそろ取りたいな(笑)」

YouTubeチャンネル『NON STYLEチャンネル』ではDVDから厳選された渾身の漫才やピンネタ、けん玉挑戦などを配信中。これまでテレビで見たことのない新たなNON STYLEの一面に注目だ。

お笑いだけでなく演劇にも挑戦している石田。舞台とネタにはある共通点が。

「どちらも生で感動を与える、喜ばせるってところは同じなんですよね。漫才のほうはセリフを言い換えられるので結構いい加減にやってますけど(笑)。僕は生のライブ感が好きなんです。よく小説の執筆依頼をいただくんですけど、一刻も早くオチに行きたい僕からしたら回りくどいんですよね」

「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載