「当分、帰国しないつもりのようです。『海外でも仕事はできるし、戻る必要がない』と考えているみたいで……」(テレビ局関係者)

6月末で約14年間所属したLIBERAを退所したローラ(30)。

現在はロスを拠点に、自身のブランド「STUDIO R330」を設立。古着をポリエステルに再生した素材に着目するなど、環境保護路線を打ち出している。

「実はローラさんに大手事務所への移籍話も浮上していたのです」

と語るのは、彼女の知人だ。

「モデルやタレントを多数抱え、最近は移籍組獲得にも力を入れている事務所です。社長はローラさんと直接会い、『ウチに来ないか』と持ち掛けたそうです。

しかし、ローラさんは拒否。『すべて自分でマネージメントをやりたい』というのが理由です。逆に言えば、それだけ勝算があるのでしょう」

Instagramで620万人、Twitterで429万人のフォロワーを抱えるローラ。YouTubeのチャンネル登録者も65万人を突破。強気な姿勢の陰には、絶大な拡散力があるようだ。

「ローラさんは自身のブランドの世界的な進出を考えています。ただコロナ禍の現状を鑑みるに、店舗の拡大は難しい。

そこで当面はネット販売路線を強化し、自身のSNSで宣伝していくつもりだそうです」(ローラの友人)

コロナ禍のなか、独立したローラ。その手腕に注目が集まりそうだ。

「女性自身」2020年8月18・25日合併号 掲載