1月末で13年間業務提携関係にあったエイベックスを去った小雪(43)。

独立後は4月スタートのミニドラマ『きょうの猫村さん』(テレビ東京系)や連続ドラマW『鉄の骨』(WOWOW)に出演し、インスタにも映画や雑誌での撮影風景がアップされている。

そんな順調な再出発の陰には、協力者の存在が。

「実姉の弥生さん(45)もエイベックスと業務提携を結んでいたのですが、実は小雪さんと同時期に退所したのです。

現在は2人とも個人事務所所属で、弥生さんは“CEO(最高経営責任者)”を名乗っています。7月にはそろってイベントに出席。公私ともに大事なパートナーです」(スポーツ紙記者)

弥生は昨年9月に第一子となる長男を出産。夫が外国人ということもあり、ロスと日本を行き来する生活だという。

姉の存在は小雪にも影響を与えているようだ。

「小雪さんは地方に別宅を持つなど、東京での生活に固執していません。また、海外にも拠点を持つ弥生さんの生活にも興味があるようです。

小雪さんは'03年トム・クルーズ主演の『ラスト サムライ』でハリウッドデビューをしています。いずれは、海外活動も視野に入れているのかもしれませんね」(前出・スポーツ紙記者)

「女性自身」2020年8月18・25日合併号 掲載