9月30日、自宅で大麻を所持していたとして逮捕・起訴された俳優の伊勢谷友介被告(44)が保釈された。今月8日、伊勢谷被告は都内の自宅で乾燥大麻を約13.17グラム所持したとされ逮捕。

29日には東京地検より大麻取締法違反(単純所持)で起訴され、同日、伊勢谷被告は書面で謝罪。公開された書面では、ファンやクライアントら関係者に謝罪するとともに「私は無責任極まりない甘さで、自分をそして自分と一緒に活動してくれる方々を、さらに世間の皆様を裏切ってしまったことを今、留置場にいて、身体拘束を受けるなかで、噛み締めています」と悔恨の念を露わにしていた。

そして、迎えた釈放当日。30日午後に保釈金500万円を電子納付し、19時30分ころ、拘留されていた東京湾岸警察署から姿を見せた伊勢谷被告。黒のネクタイとスーツに身を包んだ伊勢谷被告は、「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」と述べ、待機していた報道陣に一礼。

そのまま迎えの車に向かった伊勢谷被告だが、思わぬ“珍客”が現れた。

一礼後、車に乗り込む寸前の伊勢谷被告に「メントスコーラお願いします」と話しかけながら近づく白いTシャツ姿の謎の男性。一瞬、驚いた表情で男性に一瞥をくれるも、伊勢谷被告はすぐに向き直りそのまま車へ。そして、謎の男性は近くにいた警察官に取り押さえられそのまま湾岸署へと連行されていった。

この男性の正体は、“よりひと”の名で活動するYouTuber。ITジャーナリストは言う。

「よりひとさんのチャンネル登録者数は59.2万人(9月30日時点)と、中堅クラスです。“物申す系”“迷惑系”YouTuberとして知られ、今年3月にはSNS上で生配信した動画のなかで同居する女性に激しく暴力をふるい炎上。そのほかの動画でもたびたび物議を呼んでいました」

伊勢谷被告に“アポなし”で突撃したよりひとだが、9月27日に「竹内結子さんの家に集まるマスコミに注意してきた」と題された動画をアップ。動画のなかで、亡くなった竹内結子さん(享年40)の自宅近くに集まるマスコミに対して、「近隣住民の迷惑なので帰りましょう」と注意。また、今年7月に愛知県内のスーパーで会計前の刺身を食べた窃盗容疑で逮捕されていたYouTuber・へずまりゅうと友達であることを動画のなかでたびたび発言していた。