《私、河北麻友子結婚しました! 彼のことも大好きだし、彼といる時の自分も本当に好き! そういう風に思える人と出会えて本当に幸せー!》

Instagramにこう投稿したのは、女優でモデルの河北麻友子(29)だ。1月16日、結婚を発表した河北。お相手は、かねてから交際していた一般男性だという。

ニューヨークで生まれ育った河北は03年、11歳のときに「第9回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリ及びマルチメディア賞をW受賞。芸能界デビュー後は「ヒルナンデス!」や「世界の果てまでイッテQ!」(ともに日本テレビ系)、そして20年のドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)など人気番組やドラマに多数出演している。

そうして幅広い層に支持されることとなった河北。投稿は現在62万以上もの“いいね!”を記録し、コメント欄には桐谷美玲(31)や手越祐也(33)、小籔千豊(47)やSHELLY(36)といった著名人からの祝福コメントも相次いでいる。

河北とお相手の交際が報じられたのは14年9月。「FRIDAY」が同棲を報じ、昨年5月にも再び報道があった。記事によると2人は当時、すでに「長年寄り添った夫婦のような落ち着いた関係」だったという。

「河北さんの好きなタイプは“優しさと厳しさを兼ね備えた人”。そして、“笑いのツボや食の趣味が合う人”です。『理想が高い』とたびたび指摘されていたそうですが、お相手とは6年も愛を育んできました。河北さんの理想にピッタリな方のようです」(スポーツ紙記者)

そんな彼女は、結婚に大きな夢を抱いているという。

「河北さんのお家は、日本とアメリカにあります。ですから『挙式はそれぞれの国であげたい。お色直しも5回したい』と語っていました。

また河北さんはもともと『20代で結婚する』という夢を抱いていました。さらに、結婚生活も『最初は2人の時間を大切にし、その後に子供を3人授かりたい』という具体的なプランを立てていたそうです。今回、20代での結婚は達成できました。今後、“3人のママ”という夢も叶えられるかもしれませんね」(前出・スポーツ紙記者)

生涯の伴侶とともに、夢をつかむことができるだろうか?