「最近の大野さんは緊急事態宣言中ということで、大好きな釣りにも行かず、自宅でキャンプの動画などを見て過ごしているそうです」

大野智(40)のおこもり生活について明かしたのは、あるテレビ局関係者。'19年1月の嵐の休止発表会見で大野は、“その後”の展望についてこう語っていた。

「何も気にせず絵を描いたり、今までとは違う縛られるものを一度払って、そのときに自分が何を思って何をするのかにも興味がある」

幼少期から絵を描き始め、これまで3度も個展を開くなど芸術面でも才能を発揮していた大野。“芸術家”として新たなステージに進むことを夢見ていたが、待っていたのは思い描いていた未来とは少し違うものだったようだ。

「休止発表前から大野さんは別荘を探していました。'17年4月には、大野さんがつくった会社名義で、ある離島に広大な土地を購入したと聞いています。そこに別荘を建てて、絵を描くためのアトリエも造る計画だったそうです。

しかし、コロナ禍で準備が進まず、土地は手つかずのままだといいます」(大野の知人)

離島リゾートでの休止生活を断念したことで、大野の“創作意欲”も影響を受けているという。

「準備の遅れと、自粛生活のもどかしさからモチベーションが沸かず、親しい人に『絵が描けないんだよね……』とこぼしていたそうです」(前出・テレビ局関係者)



■語っていた創作意欲「仕事だけやってると、ダメ」

何より、“嵐”が大野を突き動かす原動力になっていたようだ。

「大野さんの創作スタイルは、仕事の合間を縫って一つの作品を完成させるというもの。嵐の活動を通して得た刺激を、創作活動に還元していました。しかし21年間続けた嵐の活動をいったん終えたことで、ちょっとした“燃え尽き状態”になってしまい、インスピレーションが湧いてこないのでしょう」(前出・知人)

かつて大野は、創作意欲についてこう語っている。

《バランス、なのかな。仕事だけやってると、ダメで。だから描きたくなるんですよね。それでちょうどバランスがとれていて、っていう感じですね》(『ザ・テレビジョン』'15年8月14日号)

しかし、大野の“スランプ”はそう長くは続かなそうだ。

「松本潤さん(37)の大河ドラマ主演が決定するなど、休止後のメンバーの活躍を見て、大野さんは喜んでいるといいます。嵐の活動が創作活動の“源”であることを改めて実感して、感謝しているそうです。コロナ禍が一段落すれば、大自然に触れることで充電できるので、また描き始めることでしょう」(前出・テレビ局関係者)

嵐の絆が大野をふたたびキャンバスに向かわせることだろう――。

「女性自身」2021年3月9日号 掲載