敗血症で亡くなる例も…“洗う”が鉄則!怖い水虫防ぐ「5カ条」

敗血症で亡くなる例も…“洗う”が鉄則!怖い水虫防ぐ「5カ条」

「年々、水虫に悩む女性が増えています。クリニックにもたくさんの女性が来るようになり、今では、男女比率が1対1くらいですね」

こう語るのは、水虫治療に詳しい「わかばクリニック」(東京・六本木)の廣瀬能華さん。推定患者数は2,500万人。日本人の5人に1人が感染しているといわれている水虫は、ちょうど6月から夏にかけて、患者数のピークを迎える。

一般的に、“おじさん”がサウナや銭湯などで感染するというイメージだが、女性が急増しているのは、健康や美容に気を使う人が増えたことが背景にあるという。

「じつは水虫の原因である『白癬菌』は、温泉の脱衣所など、人が“素足”で集う場所なら、どこにでもいます。近年、スポーツジムやヨガスタジオ、岩盤浴などに行く女性が増えていますが、こういう素足になる場所で過ごすことで、水虫に感染してしまうのです」(廣瀬さん・以下同)

これらの施設に行かない人でも、これからの季節は注意が必要だ。

「サンダルやパンプスなどを素足で履く人も多いでしょう。素足のまま、飲食店の座敷席を歩いたり、お店の共用スリッパを履いたりすると、感染してしまうことがあります。また、どんなに気を付けても、家族が菌を持ち帰った場合、足拭きマットなどから、感染してしまうことも」

なってしまうとやっかいな水虫だが、どうすれば防げるのだろうか。そこで、廣瀬さんが水虫予防の5カ条を教えてくれた。

【1】毎日、足を石けんで洗う

最重要! 水虫は24時間で皮膚に浸透するので、1日1回必ず洗う。乾燥もしっかり。

「菌が付着してから、皮膚に浸透するまで、24時間ほどかかりますから、基本的に1日1回、必ず石けんをつけて足を洗えば、ほぼ水虫は防げます。その際、硬い素材でゴシゴシ洗わないこと。足を傷つけたらそこから菌が侵入する可能性があるからです。手でやさしく足全体を泡洗浄するのがポイントです」

【2】靴下を持ち歩く

靴下を履いていれば、菌が直接足に触れるのを防げる。飲食店の座敷席などでも履くようにしよう。

「靴を脱ぐ場所では、靴下を履くなどして、直接、素足が床に触れないようにしましょう。温泉の浴室などから出たあとも、すぐにタオルで足を拭いて、靴下を履けば、菌がつくのを防ぐことができます」

【3】同じ靴を続けて履かない

履いた靴には除菌・防臭スプレーをかけて、風通しのいいところで乾燥させよう。

【4】3時間に1回、足を外気に触れさせる

長時間、靴を履いている人は、3時間に1回15分ほど、足を外気に触れさせよう。

「ブーツやパンプスといった、通気性の悪い靴を長時間履いていると、中の湿度はほぼ100%に。定期的に、靴を脱ぎましょう」

【5】夫と足拭きマットを別にする

配偶者がジムなどに通っている場合、浴室前の足拭きマットを通して感染することも。

水虫を放置していると、患部から黄色ブドウ球菌などの細菌が入って、感染症を起こす可能性もあるという。

「足を切断したり、全身に菌が回って敗血症(感染症によって生命を脅かす臓器障害)となってショック死した例もあります。とくに高齢者や糖尿病の方は感染症を起こしやすいので、注意してほしいですね」

5カ条を参考に、足を防衛しよう。


関連記事

女性自身の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索