神主と遺伝子・フローラカウンセラーの資格を持つ美容家・上田祥子さんが、中国古代の思想、陰陽五行に基づいた幸運を呼ぶメークを指南。幸福が引き寄せられるような好印象な顔を目指しましょう。

■2020年の干支は庚子(かのえね)。「かのえ」とは

金のことで、その光と輝きが幸運をもたらします。そして「ね」は十二支のはじまりである子。顔のパーツでいうと「顎」に当てはまります。あごに光を放つツヤ玉を意識して、全体的に内側から輝きのある仕上がりにすると運気アップに。オイルで潤いをプラスしたり、パール感のあるパウダーをはたいたり、ポイントに光を集めることが大事です。

■生まれ年から2020年の開運メークをチェック

表内の、自分の生まれ年と生まれ月の交差する数字に、自分の生まれた日を足します。下1桁が「1、2」は木、「3、4」は火、「5、6」は土、「7、8」は金、「9、0」は水となります。



■生まれ年の五行にあった2020年の開運メークを実践!

【木】自分らしい1年を!『左右対称くっきり眉』顔



活動的で忙しい年まわりに。しっかりとした強い意志をキリッとした眉で表現すると相手から全幅の信頼を得られ人気運が高まり、自分らしさも保てます。

【火】血色が健康を呼び込む『赤めおでこ』顔



人間関係が広がり社交運がアップ。顔のパーツで火を示すおでこに血色を出す赤みをプラス。健康的で明るい印象のメークでいい運気を呼び込みましょう。

【土】直観力を研ぎ澄ます『メリハリブロンズ』顔



感受性が強くなって興奮することがうれしくなるときです。味方となる大地のパワーを感じるようなブロンズメークで人気運も上げていきましょう。

【金】光のパワーを集めた『輝き100%の幸福』顔



鋭敏な感覚で流行をいち早くとらえるタイプ。光を味方につけるとラッキー。ハイライトを巧みに使って横顔美人メークが運気バランスを整えます。

【水】直感力高く過ごせる『ウルルン唇』顔



直感が優れ、順応力の高さで高評価が得られます。持ち前のクールさを主張しつつ、かわいらしさを主張したいので、艶やかな唇が開運の鍵となります。

(撮影:大瀬智和/ヘアメーク:杉本理恵子/取材:冨塚美智子)



「女性自身」2020年1月21日号 掲載