依然として猛威をふるい続ける新型コロナウイルスに立ち向かうためには、ぬかりない予防対策だけでは不十分。万一感染してしまったときにウイルスに負けない“免疫力”を、いまからしっかり強化しておこう。まずは次の免疫力チェックを!

□ おなかや手足が冷える。体温が低い □ 野菜や果物はあまり食べない □ 日常的に激しい運動をしている □ 妊娠している □ 慢性的に寝不足だ □ 座り仕事が多く、運動不足だ □ ダイエットで食事制限をしている □ 甘いものや脂っこいものをよく食べる □ 喫煙している □ いつも強いストレスを感じる □ 生活リズムが乱れがちだ □ 毎年のように風邪をひく □ 便秘気味である □ 口内炎や口唇ヘルペスがよくできる □ 笑う機会が少ない □ 口や目の渇きを感じる

当てはまる項目が、0〜2=免疫バランス良好。引き続きストレスや生活習慣の乱れに注意して。3〜5=免疫バランスにやや不安あり。日々の「免疫意識」を高めましょう。6〜9=かなり免疫バランスの悪い状態。10以上=いつ病気になってもおかしくない状態。生活習慣全般を見直して!

“免疫力”を向上させることは、ふだんの生活のなかでもできるそう。そこで“免疫力”を向上させる生活習慣を2択クイズ形式で出題! 出題してくれたのは、純真学園大学客員教授で、『それでは実際、なにをやれば免疫力が上がるの?』(ワニブックス)の著者・飯沼一茂先生。

【Q】朝起きてすぐにするとよいのは? カーテンを開ける or 深呼吸をする

正解はカーテンを開ける。不規則な生活は体内時計を狂わせ、自律神経を乱すもと。

「朝日を浴びて交感神経系を刺激することで、体内時計のずれがリセットされます。それにより、質のよい睡眠がとれ、生活のリズムが改善されるだけでなく、免疫のバランスも整ってくるのです」(飯沼先生・以下同)

【Q】歯を磨く適切なタイミングは? 朝食後すぐ or 起床後すぐ

正解は起床後すぐ。朝起きて口のなかがネバネバするのは雑菌が増殖しているから。

「寝起きのままの状態で朝食を食べると、口内の雑菌や毒素が体内に入り、免疫が異常反応を起こすことも」

歯周病菌の増殖は「慢性炎症」にもつながりかねないので、口のなかはくれぐれも清潔に。

【Q】朝ごはんで食べたほうがよいのは? しめじの味噌汁 or しじみの味噌汁

正解はしめじの味噌汁。免疫力を上げる食材といえば、きのこ類。

「きのこ類には食物繊維が豊富で腸内環境を整える働きがあり、免疫システムを活性化するβグルカンも多く含まれます。さらにβグルカンは、免疫細胞の一種であるNK細胞の機能を高めるだけでなく、腸内細菌の餌にもなります」

【Q】朝食で使った食器の後片付けは? 食洗機を使う or 手で洗う

正解は手で洗う。アメリカの小児科学会の発表によれば、雑菌にふれる機会が極端に少なくなると免疫力はかえって低下し、アレルギーを引き起こす一因にもなりかねないそう。

「時間にゆとりのあるときは極力手洗いを心がけ、食べかすなどに触れることで免疫力を強化しましょう」

免疫力UPのルーチンを身につけよう!

「女性自身」2020年4月7日号 掲載