新型コロナウイルス感染拡大で、平日もテレワークで家族が在宅するようになり、主婦の負担が激増している「食」。週に何度もスーパーに足を運ぶことを控えたい今、まとめて食材を買い、数日分を一気に調理してストックする「つくりおき」は時世にあった料理スタイル。

「3食きっちり家族の食事を用意するのは、想像以上に大変。この危機をおかずのつくりおきで乗り切っている家庭も多いと思いますが、食材を効率よく使い切れず、余らせてしまうというお悩みをよく聞きます。今回紹介するのは、余りがちな食材を無駄なく使うためのレスキューレシピ。連休のうちにレシピのレパートリーを増やし、態勢を整えて」

こう話すのは、家事代行サービス「ベアーズ」取締役副社長で、家事のプロとして活躍する高橋ゆきさんだ。

「まとめて調理したあとにどうしても残りがちな食材が出てきます。じゃがいも、たまねぎ、にんじんなど、大きなパックで販売されているものがその筆頭。じゃがいもが余ったらゆででじゃがバターにするなど、レシピがマンネリ化している家庭も多いのでは」(高橋さん・以下同)

いつもなら近くのスーパーまでひとっ走りし、追加の食材を買って主菜の1品を作る、なんてことも可能だが、今はできるだけ外出は避けたいところ。

「そんなとき、1種類だけで調理できる『非常時つくりおき』レシピが役に立ちます。1つの野菜につき、いくつかバリエーションを用意しておくと便利」

そこで今回、高橋さんが身近な野菜1品でできるレシピを教えてくれた。

■ほうれん草のナムル

フライパンに塩少々を入れた湯を沸かし、ほうれん草(もしくは小松菜)1把をゆでて冷水に放ち、水気を絞って5cmの長さに切る。ボウルにしょうゆ大さじ2分の1、砂糖・鶏がらスープの素各小さじ2分の1、ごま油大さじ1を混ぜ、ほうれん草を加えてあえる。お好みで白すりごま適量をかける。

■たまねぎ甘辛照り焼き

たまねぎ1個の皮をむいて縦6等分に切り、片栗粉大さじ1をまぶす。フライパンにサラダ油適量を熱してたまねぎを入れ、ふたをして焼き色がつくまで弱火で約2分焼く。裏返してさらに約1分焼き、しょうゆ・酒・みりん各小さじ1を加え中火で炒め煮る。煮詰まってきたらバター10gを加えて全体にからめる。

■じゃがいものアヒージョ

じゃがいも2個の皮をよく洗ってふき、一口大に切って600Wの電子レンジで2分加熱。フライパンにオリーブ油50mlとつぶしたにんにく1かけを入れて弱火にかけ、香りがたったら赤唐辛子1本を半分に折って入れる。にんにくが色づいたらじゃがいもと塩小さじ3分の1を加え、約3分中火で煮込んで火を止める。

食べるときは、保存容器からそのままではなく、お気に入りのお皿に移して見栄えをよくするのも大切だ。

「今までお客さん用としてふだん使いしてこなかった高価な器も、この機会に食卓に並べてみて。いつもは外食で日々の食事にアクセントをつける家庭も多いと思いますが、それが難しい今は、テーブルウエアに変化をつけるだけでも気持ちが弾むもの。“映える”食卓で、料理のモチベーションもアップします」

「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載